キャス・キッドソン 英国限定商品

日本でも大人気のブランド、Cath Kidston(キャス・キッドソン)は、
華やかな色と柄、どことなくヴィンテージ感の漂う英国発祥のブランドです。
ボンドストリートから少し歩いたマリルボーン店ではただ今セール開催中!

イギリス限定商品をチェックしに行きましょう。

IMG_1997

ロンドン市内に20店舗、ヒースロー空港やハロッズなどにも店舗を構えるキャスキッドソン。
日本でもユナイテットアローズを始め、様々な所で目にするブランドです。

さてマリルボーンのお店は、ただ今セール中! 
入るとすぐに店員さんが「あのあたりイギリス限定商品よ」と教えてくれます。
なんでも、日本からのお客さんから必ず聞かれるのがこの質問なのだそう。どうもどうも。

キャス・キッドソンの生みの親はその名も、Catherine Isabel “Cath” Kidston。
1958年イギリス生まれのファッションデザイナーである彼女は、
ブランドを成功させた実業家であり、そして数々の本を出版する作家でもあります。

全寮制の学校を卒業後、仕事を探してロンドンに移り住んだ時、彼女はたった18歳。
ロンドンでの初めてついた仕事、アンティークのファブリックショップでの仕事によって
彼女は「ヴィンテージ」の世界を知り、
1987年、友人と一緒にカーテンショップ「Mckinney Kidston」をスタートします。
その6年後に、Mckinney Kidstonの経営を退いて始めたのがこの「Cath Kidston」です。

軍資金の多くを投じて制作した最初のプリント柄「バラの花束」は、今でもキャスの定番商品。
雑誌に取り上げられる等して瞬く間に人気が広がり、今日の世界的ブランドに成長しました。
2006年には東京も出店し、日本にも多くのキャスマニアがいます。

IMG_1998

こちらが国内でしか購入できないイギリス限定商品。
赤いダブルデッカー、黒い帽子の衛兵、ロンドンブリッジ等、
キャスに詳しくない私でも一目見て、イギリス限定商品だとわかります。

IMG_2003

IMG_2004

IMG_2006

IMG_2010

可愛い!でも私が背負うよりも中高生が背負ったほうが断然可愛いですね。
洋服もあります。

IMG_2001

春夏っぽい柄もセールになっていました。これくらいだったら使えるかも。
こちらのバッグは£60➡£40。20〜30%程度お安くなっているようです。

IMG_2013

IMG_2012

キットソンアイテムを1つも持っていない私ですが、
来年もイギリスにいられるかわからないですから、
セール中に再訪して、何かゲットしたいと思います。

私にも限定商品をこうてくれ!!というあなた、ポチッとお願いします。
おみやげに買っておきますー。

—————————–
Cath Kidston
51 Marylebone High Street London
ボンド・ストリート駅から徒歩5分
—————————–

Advertisements


Categories: お土産, 地元スーパー・マーケット

Tags:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

%d bloggers like this: